「テーマ時計」


テーマの作り方

テーマ作成ツールを使って、時計のテーマを作成してみましょう。

利用する時計のパーツには、本家で配布されているサンプル時計のものを使います。


theme_parts.lzh ... 部品画像


準備するもの

・時計のベース画像 ... PNG 画像。背景部分は透明にしておく。(他の部品も同様)


・短針の画像 ... 針は、画像の中心に回転中心がくるようにします。


・長針の画像


・秒針の画像 ... 省略可能です。


・デジタル文字の画像 ... 各文字の幅は、等しい必要があります。



作成手順

  1. qtmclock_config を起動します。




  2. 部品は qtmclock_config と同じフォルダに配置してあるとし、「ファイル」 メニューから「新規作成」を選択します。


    今回用意した部品ファイル名は、デフォルトの部品ファイル名と同じなため、部品が読み込まれます。


  3. 必要ならば、更新したい部品画像をツリー項目で選択し、更新します。


    今回は、特に部品を更新する必要はありません。


  4. ツリー項目を選択し、カーソル操作でその部品を移動させます。


    針は、"長針、短針、秒針の中心を揃える" をチェックしてから移動させるか、"アナログ部品" を選択して移動させましょう。


  5. 同様に、デジタル文字を移動させます。


    AM の位置が少し離れすぎているので、ツリーを開き、"AM/PM" の項目を選択して移動させます。

    (実際には、秒の表示位置も少しずらしました)


  6. 配置が終了したら、「編集」メニューの「プレビュー」から、時計の表示を確認できます。

  7. 最後に、データファイルを作成します。

    「ファイル」メニューの「リリース」を選択し、出力ファイル名と、暗号キーを入力します。 (暗号キーである RRDA キーは、現状では無視されます。)




  8. リリースが成功すると、lm_tmclock_xxxx.dat というファイルが生成されています。
    このファイルを qtmclock.exe にドロップして、時計の起動を確認してみて下さい。


  9. 終了する前に、「ファイル」メニューの「保存」を選択して、ここまでの設定を保存しましょう。